Krinkの歴史|KRとペイントについて

Krinkの歴史と変遷

世界で最も急速に成長しているアートサプライであるクリンクの物語を語るには、すべてを苦労して学んだ起業家KRの物語を聞く必要があります。 KRは、グラフィティライター、スケーター、パンクに囲まれた80年代のクイーンズで育ちました。 ”グラフ”(グラフィティの意味)は、街の風景と同じくらい心構えの一部でした。 塗料を盗んだり、違法な場所を見つけたり、マーカーを作成したり、スタイルを強調したり、複数のツールや方法を試したりして、すべてが非常にDIY(自分でやってみろ!というスタイル)でした。 その多くは経済活動にもとづいていました(またはその欠如)。共有と盗みは創造的なプロセスの必要な部分に過ぎませんでした。

80年代後半、電車のグラフが死に絶えて、路上や高速道路に芸術が溢れ出ました。 グラフィティーライターはよりモバイルになり、スタイルとツールはそれに応じて変化しました。 通常の自家製のマーカーは、持ち運びが面倒で、自家製のインクは太陽の下で色あせてしまうという問題点がありました。 パイロットブランドのシルバーペイントマーカーは業界のツールになりましたが、多くの点で、この新世代のアーティストの非常に具体的なニーズを満たすことができませんでした。

90年代初頭、KRはサンフランシスコに移動しました。 彼がそこに見つけたシーンは活気があり繁栄していましたが、ニューヨークのシーンとは異なっていた。 ほとんどの書き込みは、駐車場と指定された場所で行われました。 彼は、材料とスタイルに関してまったく異なる方向性をもって到着しました。 指定された領域を無視して、彼はサンフランシスコの街を彼自身の研究開発ラボとして使用し、多くの異なるツールとテクニックを試して、より大きくてドリッピーなマーカータグを作成しました。 また、彼は自分でインクを作り始め、より大きく、大胆になり、今では無尽蔵のインクをもって。

これらの試行錯誤から、KRのインク、すなわちKrinkが作成されました。 彼は自分の調合を数人の友人と共有し、すぐにそのシルバーのマーキングが街を支配しました。 1998年にKRはKrinkを携えてニューヨークに戻りました。 やがて、その特徴的なスタイルはニューヨークの街も覆うようにになりました。 これは、ライターが生計を立てるためにライフスタイルを犠牲にする必要がないことに気づき始めたのとほぼ同じ時期でした。 Alifeストアがオープンしたばかりで、すぐに若いアーティストのメッカになりました。 AlifeのスタッフはKRに、Krinkを瓶詰めして販売すればかなり売れるはずとKRに話しました。また販売に関して手助けすることもできるよと。実際に それは売れ、人々はそれを気に入り、そこから成長し続けました。

今日に至って、クリンクの製品はブルックリンの本社からカリフォルニア、モスクワ、東京に至るまで日々出荷されています。 商品ラインナップは、スタイル、歴史、品質において市場に固有の多くの異なるマーカーとインクを提供するまでに成長しました。 そして、コラボレーションが適切であると感じたとき、KrinkはNike、Casio、Coachなどの志を同じくする企業と限定版製品を作成し続けています。 Krinkのトレードマークのドリップペインティングの美学はストリート発のペインティングがアートやデザインへの道にも通じることを証明しました。またそれは世界レベルでストリートにインスパイアされたアーティストの標準になることを発見しました。 15年が経ち、グラフィティライターの特定のニーズに合うように瓶詰めされた製品として始まったKrinkは、創造的なシンカーのためのさまざまなクリエイティブツールを備えた製品ラインに成長しました。 Krinkが新世代のアーティストのための最高のアートサプライラインとしてその名前を築き続けるので、次の15年に期待していてください!

参照元:http://krink.com/history/ (Krnik本家サイト)